従来の公益法人の状況について

従来の公益法人の状況について

 日本の公益法人制度は、明治29年の民法制定とともに始まり、以来約1世紀にわたって、 民間非営利部門において大きな役割を果たしています。公益法人は民法第34条(新制度において廃止)に基づき、

主務官庁の許可を得て設立され、各種税制上の措置等を受けながら様々な活動を行ってきました。

ページ上部へ戻る